HABA クレンジング
HABAのクレンジングは「ミクロフォースクレンジング」と「スクワクレンジング」の2種類ありますが、どんな成分が配合されているのでしょうか。また、敏感肌でも使えるのでしょうか。クレンジングの成分を調べてみました。

スクワクレンジングの成分

HABAのスクワクレンジングは「オイルタイプ」のクレンジングです。

~主な成分~
・ハイビスカス花エキス

・スクワラン

・ムラサキ根エキス

軽く肌の上ですべらせるだけでメイクや毛穴の汚れ、皮脂、古い角質をすっきり落とせます。

これ1本だけでクレンジングと洗顔の役割を果たすので、ダブル洗顔は不要ですよ。

ハイビスカス花エキスが古くて硬い角質をやさしく素早く落としてくれます。

肌の汚れをしっかり落としてくれるので、洗い上がりはつっぱってしまうのではないか?と心配になりますよね。

しかし、HABAのクレンジングはメイクを落としつつ肌の水分量を増やしてくれるのです!

洗い上がりはしっとりすべすべ肌になるので、つっぱることはありません。

合成香料、鉱物油、防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、タール系色素が一切使われていないので、敏感肌でも安心して使えますよ。

ミクロフォースクレンジングの成分

HABAのミクロフォースクレンジングは「リキッドタイプ」のクレンジングです。

~主な成分~
・ハイビスカス花エキス

・スクワラン

・ムラサキ根エキス

スクワクレンジングと配合成分はほぼ一緒ですが、ミクロフォースクレンジングはミクロ(微粒子)の力でメイクを落とすのです。

ミクロ化したHABAのスクワランがメイクや皮脂、毛穴の汚れを浮き上がらせしっかり取り込みます。

スクワランが水を包んでいるため、ぬるぬるせず素早く洗い流すことができ洗い上がりはさっぱり!

洗い上がりはさっぱりですが、保湿成分のおかげでつっぱりません。

クレンジングと洗顔の役割を果たしてくれるので、ダブル洗顔は不要ですよ。

合成香料、鉱物油、防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、タール系色素は使われていないので肌に負担がかかりません。

敏感肌でも安心して使えますよ。

より肌にやさしいのはミクロフォースクレンジング!

HABAのクレンジングは肌への負担となる合成香料や鉱物油、パラベンなどが使われていないので、肌が弱い人でも安心です。

けれど、より肌にやさしいのはミクロフォースクレンジングになります!

ミクロフォースクレンジングはリキッドタイプで、スクワクレンジングはオイルタイプ。

オイルタイプよりもリキッドクレンジングのほうが肌に負担がかからないのです。

肌トラブルが起きやすい超敏感肌の人は、より肌にやさしいミクロフォースクレンジングを使うことをおすすめします。

クレンジングの注意点

HABAのクレンジングを使う場合、いくつか注意してほしいことがあります。

【力を入れ過ぎない】

なじませるときは絶対に擦らず、すべらせるようにやさしく行いましょう。

手のひらを使うと力が強すぎてしまうので、指の腹を使うといいですよ!

肌を傷つけないためにもなるべく力を入れ過ぎないようにしてくださいね。

【その日のうちに汚れを落とす】

メイクをしたまま寝るのは汚れをべったりつけたまま寝るということ。

この行動を続けると肌が一気に老け、シワやシミ、乾燥、毛穴の広がり、ニキビなどのトラブルが起きてしまいますよ。

メイクはその日のうちに必ず落としましょう!

【使用量を守る】

使用方法に書かれている使用量を必ず守りましょう。

量が少ないと肌になじませづらくなるため、摩擦を起こしやすくやすくなり肌に負担がかかってしまいます。

HABAのミクロフォースクレンジングとスクワクレンジングは、500円玉くらいの量が目安ですよ。

【ぬるま湯で洗い流す】

クレンジングを洗い流すときは、必ずぬるま湯で洗い流してください。

冷たい水だと汚れ落ちが悪くなり、クレンジング剤が肌に残りやすくなってしまいます。

体温よりもちょっと低いくらいの温度で洗い流すようにしましょう!