HABA スクワラン 成分
HABAの高品位スクワランは様々な雑誌で特集されたり芸能人が愛用していたりと大人気ですが、一体どのような効果があるのでしょうか?また、危険な副作用はあるのでしょうか?成分の効果、副作用を調べてみました。

↓ HABAスクワランの公式サイト
https://www.haba.co.jp/

HABA(ハーバー)

効果①保湿

HABAのスクワラン成分は保湿効果が非常に高いです。

スクワランはもともと人間の肌に存在するものなのですが、20代からどんどん減っていきます。

スクワランが減っていくと乾燥によってシワができたり、シミができてしまうのです。

HABAでスクワランを補給すると肌に皮脂膜ができ、その皮脂膜が肌を保湿します。

また、皮脂膜がバリアとなってくれるので紫外線などの外的刺激から肌を守ってくれますよ♪

効果②肌のターンオーバーを促進

HABAのスクワラン成分は肌のターンオーバーを促進してくれます。

肌のターンオーバーは歳を重ねるとともに乱れていくのです。

ターンオーバーが正常な肌というのは透明感がありキメが整っていて、ハリツヤがあります。

いつまでも若くキレイな肌でいたいなら、HABAのスクワランを肌に与えてあげるのが一番いいですね。

効果③肌を柔らかくする

HABAのスクワラン成分には角質が硬くなるのを防ぐ働きがあります。

肌を軟らかくして硬く不要となった角質を落とし、ツルツルのキメが整った肌へと変えてくれるのです。

肌がごわごわしたり、手触りが悪いと思ったらHABAで古い角質を落としちゃいましょう!

効果④ニキビ予防

HABAのスクワラン成分には殺菌作用があり、アクネ菌・マラセチア菌を殺菌してニキビを予防してくれるのです。

ニキビができている肌に塗って悪化しないのか?と心配する人もいますが、スクワランによってニキビが悪化することはないので大丈夫ですよ。

予防だけでなく改善する効果もあり、黒ニキビや白ニキビといった軽度のものなら2~4日で治るといわれています。

赤ニキビなら1~2週間、黄ニキビやおしりニキビ、背中ニキビは2~3週間で治っていきますよ。

効果⑤浸透の手助けをする

HABAのスクワラン成分はもともと人間の肌にあるものなので、わたしたちの肌はスクワランを異物と認識しません。

なので、肌に浸透しやすいのです。

スクワランを肌に馴染ませてから化粧水やクリームなどを使えば、それらの成分を肌奥へとしっかり届けることができますよ。

副作用はあるのか?

HABAのスクワラン成分に副作用の心配はないのでしょうか?

もし副作用があれば使いたくないですよね。

もともとスクワランは人間の肌にあるものなので、副作用はまったくないといわれています。

なので、敏感肌や乾燥肌、すぐに肌荒れやニキビができてしまう人はとても使いやすいでしょう。

しかし、スクワランでスキンケアしたあとに日焼け止めを使うと副作用が起こることがあります。

肌にブツブツができてしまうことがあるのです。

HABAのスクワランは浸透がとてもいいので、肌に塗ったものをすべて皮膚内へと浸透させてしまいます。

日焼け止めには肌によくない成分も含まれており、これらを皮膚内へと浸透させてしまうことで肌にブツブツができてしまうのです。

この副作用を防ぎたいなら、スキンケアをしたあとすぐに日焼け止めをつけるのではなく10分くらい置いてからつけるようにするといいでしょう。

そうすれば、肌に悪い日焼け止め成分が肌に浸透しにくくなりますよ。

HABAのスクワラン成分の効果とは?副作用はあるの?:まとめ

HABAのスクワラン成分には5つの嬉しい効果があります。

①保湿

②肌のターンオーバーを促進

③肌を柔らかくする

④ニキビ予防

⑤浸透の手助けをする

他の美容成分と比べてスクワランはまったく副作用がありません。

けど、スクワランでスキンケアしたあとに日焼け止めを塗ると肌にブツブツができてしまうことがあるので注意!

日焼け止めを塗るときは、スキンケアしたあと10分経ってからにしましょうね。

公式サイトではお得なスクワランセットが販売されています。

初めてHABAを使う人限定1,512円(税込)でとってもお得ですよ♪